MENU

沿革

沿革

会社沿革

1964年
豊工業所を創業し、自動車部品捲線加工を開始
1966年
エムエス精機株式会社を設立し、自動車部品切削加工開始
1968年
本社工場完成 配電盤製造販売を開始
1972年
社名を(株)豊工業と改称
1975年
(社)日本電気協会 全国推奨キュービクル PF-S150型4機種合格 PF-S250型4機種合格
静岡支社開設
1976年
金型、治工具工場増築 ワイヤーハーネスライン完成
1977年
電子事業部開設
1978年
社名を(株)豊電子工業と改称
1980年
FA分野に進出(産業用・計装)産業用ロボット分野に進出
1981年
ファナック(株)製ロボットの販売、周辺機器製造の契約
1982年
(社)日本産業用ロボット工業会により、エンジニアリング企業認定される(002号) 消防法認定キュービクル認定
1985年
メカトロ工場を増設
1986年
東京豊電子工業(株)を設立
1989年
(社)日本電気協会より推奨キュービクル式高圧受電設備普及の貢献に対して感謝状を授与
1991年
本社事務棟・新工場完成(現在の第1工場)
1992年
(社)日本配電盤工業会、耐熱形分電盤4機種合格 愛知県中小企業合理化優良受診企業として愛知県知事賞を受賞
1995年
省エネルギー型スーパーキュービクル発売(アモルファストランス内蔵) ノイズイレサ発売(PAT)
1996年
日本先端エネルギーシステムズ(株)を設立(東京都品川区)
1997年
マルチマチック発売
1998年
東京ガスとの共同開発により、DC100V安定電源化開発・発売(PAT)
(財)日本品質保証機構により、配電盤事業部ISO9001認証取得(JQA-2294)
1999年
(社)日本配電盤工業会により、JSIA優良工場認定
2000年
(財)日本品質保証機構により、ISO14001認証取得(JQA-EM-0850)
2001年
米国オハイオ州に現地法人開設(YAC Robot Systems,Inc.)
2003年
愛知ブランド企業認定
2004年
中国上海に合弁現地法人(森豊電控設備(上海)有限公司)を設立
2005年
第3工場(ロボットシステム工場)完成
2007年
中国上海に現地法人豊漢電子(上海)有限公司(100%出資)を設立
森豊電控設備(上海)有限公司の合弁解消
東京豊電子工業(株)が日本先端エネルギーシステムズ(株)を吸収合併
2008年
タイ国チョンボリにYUTAKA ROBOT SYSTEMS (THAILAND) CO.,LTD(100%出資)を設立
2009年
YUTAKA ROBOT SYSTEMS (THAILAND) CO.,LTD 新社屋完成
東京豊電子工業(株)を本社に統合
2011年
インドネシア国にPT.YUTAKA ROBOT SYSTEMS INDONESIA(100%出資)を設立
(株)オリジナルプラン(ソフト開発)に出資し子会社化
2012年
トヨタ自動車株式会社より「技術開発賞」を受賞
2014年
メキシコ国にYUTAKA ROBOT SYSTEMS MEXICO S.A. de C.V.(100%出資)を設立
2015年
愛知県より高周波誘導加熱電源で「愛知環境賞 銅賞」を受賞
中央労働災害防止協会より、OSHMSを認定取得(TS15-23-68)
中小企業庁から「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に選定
2016年
豊明工場(ロボットシステム工場)完成
2017年
ポーランドにYUTAKA ROBOT SYSTEMS POLAND Sp.zo.o.(100%出資)を設立
2018年
トヨタ自動車株式会社より「技術開発賞」を受賞(2度目の受賞)

関連情報